肥前山口駅・800m春色ロード

チューリップ7500本彩り・・・福祉作業所と住民協力

江北町の玄関口の肥前山口駅から南へ続く道沿いに色とりどりのチューリップが並び、訪れた人に春本番を告げている。考案したのは福祉作業所「ちゅうりっぷのうた」。

住民や子供たちも協力し、地域ぐるみで7500本、約800mの「春色ロード」を実現させた。・・・・(佐賀新聞4月6日の記事・掲載)

すごいな~!毎年、毎年いつもこの時期になると駅南口の歩道にチューリップが並んでいるが、今年はびっくり小学校までチューリップが並んでいる。

球根を田んぼに植えて、プランターに土を入れ花が咲く前に植え替え、それを一つ一つ歩道に並べて行く。

私、個人で一つのプランターに花を植え替えするだけでも重荷になるのに、ボランティアでここまでするでしょうか?

本当に頭が下がります。

私も「福祉事業所・ちゅうりっぷのうた」にちょっとだけ、お手伝いをしてます。

それは、いらなくなったダンボールやアルミ缶、新聞紙をリサイクル会社まで運び、福祉事業所の名前で引き取ってもらいます。ほんの少しの お手伝い!

今日も軽トラックに、ダンボールを持っていきました。ちょっと良いことしたような気分!の一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)